紀の川から旬の便りをお届けします!

フルーツ一覧注目記事紀の川旬だより
2020/04/26

日本には、春、夏、秋、冬の季節の移り変わりをさらに的確につかむために「二十四節気」や「雑節(11項目)」、「五節句」などの暦(こよみ)を表すことばがあります。
これらが表す日々を生活の中で意識してみると、気候の変化を実感し、季節の移ろいを楽しむことができます。

例えば、5月には、二十四節気は「立夏」と「小満」、雑節では「八十八夜」、五節句では「端午の節句」などがあります。
このような暦によって、農作業の準備や段取りも行われています。植物はヒトよりもっと日の長さや温度の変化に敏感に反応します。季節の変化に対応して葉を広げ、茎を伸ばし、花を咲かせ、果実を熟させる準備をしていきます。

紀の川フルーツ観光局では、市内の農家さんをはじめ、フルーツに関わる方々にお話を聞きながら「フルーツのまち紀の川市」で生産される青果物の旬(しゅん)の便りをお届けします!

Facebook・Instagramも更新中!
 Facebook >> https://www.facebook.com/kinokawa.fruits/
 instagram >> https://www.instagram.com/kinokawadmo/

 
 
 これまでの配信記事 

1.令和2年 5月23日 紀の川から旬の便りをお届けします!
2.令和2年 6月 8日 6月5日は二十四節気の「芒種」です
3.令和2年 6月11日 紀の川梅干をご存知ですか?
4.令和2年 6月23日 和歌山は新鮮なくだもの、鮮魚の宝庫
5.令和2年 6月25日 モモのはしりスタート!
6.令和2年 7月 7日 モモ品種の順番
7.令和2年 7月 9日 マイナーなフルーツ